【ComicGlass】iPhone、iPadで外出先からインターネット(3G)経由で自宅サーバーの電子漫画(マンガ)を読む方法

今までiPhone4の32GB版 に電子漫画(マンガ)を入れて読んでたけど、iPad2を衝動買いしてしまった・・・coldsweats01
でも、ぼんじんはお金がないので16GB版で何とかしようとしていますcrying
当然16GBでは電子漫画(マンガ)が収まりきれず、読み終わるたびに同期(転送)するもの面倒です。

そこで、Wi-Fi、インターネット経由で電子漫画(マンガ)を読めないか考えたのが、「VPN」と「ComicGlass」のセットです。
たくさん無料アプリを試しましたが、今の所「ComicGlass」が最強のコミックリーダーですsign03

ComicGlass スクリーンショット

まずは電子漫画(マンガ)が必要ですよね?
以前、電子漫画(マンガ)を無料でダウンロードする方法で紹介した「倉庫」は、ダウンロード方法が難しい上に閉鎖してしまいましたので、「Cover Land」がお勧めです。

Cover Land
cover land 漫画 ダウンロード

Cover Landが閉鎖で使えなくなってダウンロードできなくなったので、Cover Landみたいな似たサイトを探している方が多いようなので追記します。
今のオススメはこれかな?
http://rawmangaupload.blogspot.jp/

でもダウンロードしてはいけませんcoldsweats02
違法ですからsign03

早速、自宅サーバーをメディアサーバーにするために、下記のソフトをダウンロードしてインストールします。
もちろん無料で、使い方もとっても簡単ですよconfident

ComicGlass Media Server(Wi-Fi転送ソフト)

ComicGlass Media Server ダウンロード(Wi-Fi転送ソフト)

後はiPhone、iPadに最強アプリ「GlassComic」をダウンロードして設定します。

ComicGlass

設定方法上記のサイトにすべて書いてあります。

電子漫画(マンガ)の転送は、iTunesのアプリ画面でドラッグ&ドロップするだけなら特に設定は必要なく、早く転送できます。
でも、いちいちパソコンを起動したり、USBに挿したりするのが面倒なので、まずはWi-Fiで転送できるようにします。

3G回線で転送する場合は、iPhone、iPadで外出先から自宅サーバーにVPN接続する方法(ルーター設定編)を設定した後、VPN接続をしてからWi-Fiと同じ方法で転送します。
こうすると外出先のどこにいても電子漫画(マンガ)を入れ替えて読むことができ、iPhone、iPadの容量不足に悩むことはありませんhappy02

ComicGlass 本棚

ComicGlass 漫画

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ComicGlass】iPhone、iPadで外出先からインターネット(3G)経由で自宅サーバーの電子漫画(マンガ)を読む方法
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

4 thoughts on “【ComicGlass】iPhone、iPadで外出先からインターネット(3G)経由で自宅サーバーの電子漫画(マンガ)を読む方法

    • Cover Landのリンク先であるMegauploadの運営者がFBIに逮捕・起訴されたので閉鎖しています。
      詳しくはこちらから。
      http://gigazine.net/news/20120

      こっちはまだいけるみたいですよ!
      ・RAWMANGA
      http://www.rawmangaspot.com/

      ダウンロードするだけでも違法ですので買ってください。

      GlassComicならいつでもダウンロードできます。

  1. Pingback: 電子漫画(マンガ)を無料でダウンロードする方法(第2弾) | Bonjin Blog (ぼんブロ)

  2. Pingback: NAS(LinkStation LS-VLシリーズ)から「ComicGlass」に漫画を転送する方法 | Bonjin Blog (ぼんブロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">